皮革製品を使用した製品に関するご注意


  • 皮革は水分に大変弱く、シミ・水ぶくれの原因となります。濡れた場合は素早く乾いた柔らかい布で叩くように水気を取り、陰干しで完全に乾燥させてください。ドライヤーなどの高温で乾燥させることはお控えください。
  • 濡れた状態でのご使用は色落ちやシミの原因になりますのでおやめください。
  • 皮革は摩擦等により表裏ともに色移りします。淡色の衣服等をご着用の際はご注意ください。
  • 皮革本来の質感をいかすため、顔料を使用せず染料のみで仕上げている製品は、色ブレがございます。また仕上げの性質上、色落ちや変色します。
  • 皮革にビニル素材(P.V.C)や他の皮革製品と密着させて長時間保管すると色移りなどの原因となりますのでご注意ください。
  • スエードなどは起毛素材の性質上、色落ちや毛落ちが避けられませんのでご理解ください。
  • お手入れの際には、皮革の素材に合った専用クリーナーをご使用ください。
  • 起毛革の汚れは起毛革専用のブラシ等をご使用ください。
  • 起毛革には一般の皮革製品用のクリーナー等のご使用はおやめください。

繊維素材を使用した製品に関するご注意


  • ナイロンやポリエステル等の化学繊維は熱や高温に弱い素材のため、高温に近づけないでください。
  • ナイロンやポリエステル等の化学繊維は素材の特性上、色褪せや淡色に関しては黄変といった様々な経年変化が起こりやすい生地です。ご了承ください。
  • コットンなどの天然素材は特性上、摩擦等により色移りします。淡色の衣類等をご着用の際はご注意ください。

P.V.C、P.U加工を施した生地を使用した製品に関するご注意


  • 直射日光・ライトの下で長時間放置すると黄変することがありますのでご注意ください。
  • 他の素材に色移行しやすいので金属パーツ、ビニール袋、革製品と密着させたまま保管しないようにしてください。
  • ご使用状況や保管状況により、耐用年数が異なりますが、空気中に含まれる水分や摩擦により時間とともに劣化していきます。
  • 表面に付いた汚れはネル等の柔らかい布を使用して拭いて下さい。固いものを使用すると表面に傷がつきますのでご注意ください。
  • 強い摩擦や繰り返しの屈曲によってコーティングが剥がれることがあります。

製品洗い加工を施した製品に関するご注意


  • 生地や皮革、金具等にアタリが出ることがあります。またシワや変色などがありますが、加工の特徴としてご理解下さい。

真鍮金具に関するご注意


  • 真鍮の地を生かすため、表面に加工を施しておりません。ご使用状況や環境により変色や錆等が生じる場合がございます。経年変化としてご理解ください。

全ての製品に対するご注意

  • 長くお使いいただくために、ご購入時と1~2ヶ月に一度、汚れを落としてから専用の防水スプレーを吹きかけてください。(ワックス加工を施した製品は除く)またこれらを使用する時は、素材に合ったものを選び、あらかじめ目立たない部分で色落ち、シミやムラができないかテストすることが必要です。
  • 製品とご着用の衣服の素材の相性によっては、摩擦などの原因で衣類に毛羽立ちや毛玉等ができる可能性がございます。デリケートな素材の衣類をご着用の際は、特にご注意ください。
  • ファスナーの端部分や、その他の留め具等のパーツによって衣類等を傷つける可能性がございます。
  • 直射日光や蛍光灯に長時間あたると変色することがありますので、保管には十分にご注意ください。
  • カビや錆の原因となりますのでほこりや高温多湿を避けて保管してください。
  • 水やお湯での丸洗いは絶対におやめください。
  • ベンジン・シンナー等のご使用はおやめください。
  • プリントやガラス粒子を主原料とするリフレクターを使用している製品は摩擦や屈曲によって剥がれることがあります。なおその場合は、お修理ができませんのでご了承ください。
  • ウェルダー加工を施している製品は特性上、経年劣化によって加工部分の剥がれ等が起こります。なお製法上の理由により、修理が出来ない可能性があります。予めご了承ください。
  • 磁気式留め金具を使用した製品には自動改札用の切符や、定期券、キャッシュカードなどを留め金に近づけると、磁気の影響で使用不能となることがありますのでご注意ください。
  • 目的に合わせて用途や機能性などを考え製作されておりますので、目的以外の使用は避けてください。

皮革を使用した製品に関するお手入れ方法


一般的な皮革部分

  • 表面の軽い汚れは乾いた目の細かい布か、消しゴムの綺麗な面で叩くように落として下さい。
  • 水に濡れた場合は、素早く乾いた柔かい布で軽く叩くように水気をとり、風通しの良い所で陰干ししてください。
  • 水シミが出来てしまった場合、柔らかい布をぬるま湯にひたし軽く絞った後、面をまんべんなく湿らせ風通しの良い場所で陰干ししてください。

起毛した皮革部分

  • 汚れは消しゴムで軽く擦るようにして落としてください。強く擦ると、その部分だけ白くなるのでご注意下さい。
  • 専用のブラシでブラッシングすると表面も整い汚れも落ちます。
  • 皮革クリーナーを使用する際は、一般的なものは使わずに起毛素材に対応したものをお使いください。
  • 擦れて起毛が減って来た場合は目の細かいサンドペーパーで軽く摩ってください。

繊維素材を使用した製品に関するお手入れ方法


  • 埃などの軽い汚れは、乾いた布や毛先の柔らかいブラシ、消しゴムの綺麗な面で叩くように落としてください。
  • コットン等の天然素材は、水濡れや摩擦などによりシミや色落ち、また色移りをします。濡れた場合は、素早く乾いた布で水気を取り、陰干しで乾燥させてください。
  • ホコリ等の軽い汚れは、乾いた布やブラシなどで汚れを落としてください。
  • 油性系の汚れ(手垢等)は、水に中性洗剤を入れて同じく柔らかいブラシで軽く叩くように落としてください。その際シミにならないようにご注意ください。 
  • 漂白剤を使うと色落ちやムラの原因となることがあるのでご遠慮ください。
  • 高温のお湯や洗濯機での洗濯はご遠慮ください。

返品・交換について


  • 原則、不良品、配送中の事故、誤配送以外の返品・交換はお受けしておりません。
  • お客様のイメージ違い、サイズ違い等による返品・交換はお受けしておりません。
  • 製品の個体差(皮革の質感や色味、タグの付け位置、縫製、柄のバランス、プリント等)による返品・交換はお受けしておりません。
  • コーティング加工をしていない金属パーツの変色による返品・交換はお受けできません。

上記に該当せず返品対象となる場合、お手数ではございますが製品をご購入後、7日以内にご購入店舗までご連絡ください。事前に連絡がない場合は承ることができません。予めご了承ください。

起毛した皮革部分

  • 製品についているタグ等の付属品が不足している。
  • ご使用済み、または使用された形跡が見受けられる。(当社で判断させていただきます。予めご了承ください。)
  • 製品をご購入後、7日を経過している。

修理について


製品の修理をご希望の際は、ご購入店舗までご相談ください。工場で状態を確認後、お見積もりやお預かり期間等の詳細をご連絡いたします。

  • 製品のデザイン変更などの改造は承ることができません。
  • プリントやコーティング等の剥がれについてはお修理できません。
  • ウェルダー加工を施している製品は、特性上の理由によりお修理が出来ない可能性があります。
  • 生地や皮革の変色・退色についてはお修理できません。
  • 製品のクリーニングはお受けしておりません。
  • 状態によってはお修理ができない場合がございます。